長門湯本news:「星野リゾート 界 長門」2020 年 3 月 12 日開業のお知らせ

着々と進むまちづくり。「歩ける温泉街」を目指して、地域・民間・公共が連携し、温泉街再生に向けた取り組みを進めてきた長門湯本まちづくり計画も、完成間近となりました。中でも一際 注目をあつめる「星野リゾート 界 長門」が、2020年3月12日、音信川(おとずれがわ)にかかる曙橋のたもとに、いよいよ開業します。
川のせせらぎが心地よい温泉街を、そぞろ歩きする際に立ち寄れる「あけぼのカフェ」や、山口県の伝統工芸をふんだんに取り入れた客室など、長門湯本温泉でしか体験することのできない、様々な魅力を紹介します。
「界 長門」の眼前に広がる音信川には複数の川床や飛び石も設置予定。

宿泊者以外の方も利用できる「あけぼのカフェ」

長門湯本温泉街を歩いて楽しめるコンテンツの1つ、界ブランドで初めての、宿泊者以外の方も利用できるショップ「あけぼのカフェ」。「恩湯」や「恩湯食」、「おとずれリノベPROJECT」のお店に寄った足で、音信川を眺めながら、カフェでゆっくりと過ごすこともできるようです。

このカフェでは、山口県オリジナルの柑橘の一種「長門ゆずきち」や、海外から日本に持ち込まれ、山口県で最初に栽培されたと言われる「夏みかん」のジャムを使ったどらやき、カフェラテなどを販売する予定とのこと。甘さの中にほのかな酸味を感じる味わいのどらやきと共に、温泉街のそぞろ歩きを、楽しむことができそうです。

武家文化を生かしたご当地部屋

「界 長門」は、界ブランドとしては全国で16施設目となり、山口県に古くから続く、「御茶屋屋敷」をテーマとし、藩主が泊まるイメージとして造られました。寝台は一段高くなっており、格子状の囲いは高貴な雰囲気が 漂います。
部屋に入ってすぐ視界に飛び込むのは、色鮮やかなベッドボード。室町時代より 800 年以上も続き、山口市の無形文化財に指定されている「徳地和紙」が使用されているそうで、寝台が華やかになるような色合いに染められています。
床の間には、江戸後期に始まり、約360年と長い歴史を持つ「萩焼深川窯」の器が飾られています。萩焼深川窯 窯元の後継者であり、新鋭作家の田原 崇雄氏、坂倉 正紘氏、坂倉 善右衛門氏が制作した「星野リゾート 界 長門」オリジナルの作品を、間近で楽しめるようです。
「界 長門」では、地域ならではの旬の素材をいかした会席料理を、萩焼や、山口県の職人が作成した桶など、地域で生まれた器と一緒に楽しむことができるとのこと。メニューには、甘く柔らい活イカの先付や、酢の物・八寸・お造りを盛り合わせた華やかな宝楽盛りなど、目にも美しく、新鮮な料理が並ぶようです。
長門湯本の工事も完成に近づき、星野リゾートや恩湯、「おとずれリノベPROJECT」など、民間投資によるソフトコンテンツ作りが活性化している温泉街。来年の春に完成する、魅力的な「歩ける温泉街」。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

【 星野リゾート 界 長門 】
所在地 :〒 759 4103 山口県長門市深川湯本 2229 1
電話 :0570 073 022 (星野リゾート予約センタ ー)
客室数 :全 40 室(本館 30 室 別館 1 0 室)*別館は全室露天風呂付き
付帯設備 : ロビー、食事処、トラベルライブラリー、ショップ、湯上がり処、あけぼのカフェ
大浴場(男女別、露天風呂各1、内風呂各2)
料金 :1 泊 2 2,000 円~( 2 名 1 室利用時 1 名あたり、サービス料 込・税別 、夕朝食付)
アクセス:JR新山口駅より車で約60分、山口宇部空港より車で約90分
URL:https://kai-ryokan.jp/nagato/

開業:2020年3月12日
予約開始日:2019年11月12日