Slider
長門湯本温泉:注目記事

いよいよ新しい恩湯事業者が長門湯守(ながとゆもり)に決定。まちづくりの計画が着々と進んでいます。

長門湯本温泉:オススメ記事
  • All
  • YMFGZONEプラニング
  • cafe&pottery音
  • colocal
  • popup
  • おきなまさひと
  • きらきら橋
  • ながトーク
  • まちづくり
  • ゆもと通信
  • イベント
  • インタビュー
  • オソト協議会
  • キーパーソン
  • デザイン会議
  • メディア掲載
  • レポート
  • ワークショップ
  • 事業者オーディション
  • 地域イベント
  • 大寧寺
  • 星野リゾート
  • 景観&交通 住民ワークショップ
  • 朝の清掃
  • 父の日
  • 置き座
  • 観光
  • 説明会
  • 長門市
  • 長門湯本みらいプロジェクト
  • 長門湯本温泉観光まちづくり
  • 音信川
  • 音信川と橋の夜

長門湯本温泉と長門湯本みらいプロジェクト

長門湯本温泉は、山口県ではもっとも古い歴史をもつ温泉として知られています。長門湯本では、地域の魅力を見つめ直し、古き良き伝統を受け継ぎつつ、未来に向かってまちづくりが進んでいます。2016年4月には、星野リゾートが旧白木屋グランドホテル跡地を活用して温泉旅館ブランド「界」を進出することが決定した他、観光まちづくりを進めるために、専門家による検討会議、住民とのワークショップや意見交換会、民間事業の促進や地域イベントの開催など、公民が連携して、新しい長門湯本街を作り出す試みが着々と進行中です。