長門湯本report:大寧寺と音信川の桜が見頃を迎えています。

長く寒かった冬が終わり、いよいよ春本番。曹洞宗屈指の名刹・大寧寺と音信川の桜が、見頃を迎えています。大寧寺から大寧寺川、音信川沿いをのんびりと歩いて春を満喫してきました。
曹洞宗の名刹・大寧寺では、広々とした境内に降りそそぐ木漏れ日を抜けると、咲き乱れる桜並木が迎えてくれます。肌寒かった気候も少しずつ和らぎ、気持ちの良いそよ風が吹いていました。
大寧寺から川沿いにゆっくりと坂を降り、玉仙閣前の川床へ足を向けると、春の日差しが川の水面に反射して、きらきらと優しい光が迎えてくれました。川のせせらぎも耳心地がよく、穏やかな時間が流れます。
もう少し緩やかな坂を降って、長門湯本温泉街へ足を伸ばすと、いっぱいの桜。少しずつ開き始めていたつぼみが、数日の暖かさで瞬く間に開き、音信川を綺麗な薄紅色に染めていました。
きらきら橋や雁木広場、飛び石のまわりも春一色。柳や草花の瑞々しい若葉たちが、柔らかい風にゆらゆらと揺れていました。橋の上から、飛び石を渡りながらと、いろいろな角度からお花見を楽しめるのも音信川の魅力の一つです。
大谷山荘の前の道を上流に向かって歩いて行くと、こちらも青空に映える満開の桜が。大寧寺から穏やかな川の音を聞きながらのんびりと歩く、春の訪れを目一杯感じるお散歩でした。
あたたかい日差しに包まれ、うららかな春を迎えた長門湯本。大寧寺や音信川など、あちこちに溢れる春を探しに、ぜひお出かけください。