長門湯本report: 川床パーティーが開催されました!

「川床開き 安全祈願祭」を無事に終え、本格的に川床活用シーズンを迎えた音信川。

3月31日(日)、旧恩湯前 川床では、長門湯守株式会社が企画した「川床パーティー」が開催されました。当日は総勢20名以上の参加者が集まり、おいしいお食事や、おしゃべりを楽しみました。

お昼の陽気とは、がらっと表情を変えた夜の音信川に、優しいオレンジ色のあかりが浮かびます。「長門湯本の水辺で、ゆっくりとくつろいでもらうこと」をテーマとしている川床の有効活用。桜も見頃を迎えたこの夜、川のせせらぎを聞きながら、のんびりと過ごされる皆さんの姿がとても印象的でした。
気心の知れた仲間たちと過ごす心地よい時間。ケータリングはカントリーキッチン(千畳敷)の店長さんが腕をふるった、おしゃれで美味しいメニューたち。テーブルのキャンドルが幻想的な灯りで、優しげに人々の談笑を見守っていました。
花冷えの夜にも関わらず、楽しげに過ごされている人達が印象的だった「川床パーティー」。長門湯守では、これからもワクワクする河川や川床の活用方法を提案していくとのこと。ご興味のある方は、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。