長門湯本report:「てのひらの景色 ’18 」に行ってきました!

2018年も残すところあとわずか。長門湯本温泉のカフェギャラリー「cafe&pottery音」にて、先週末から開催中の企画展「てのひらの景色 ’18」にお邪魔してきました。

訪れたオープン初日は初雪がちらつく寒さでしたが、早速お目当ての酒器を求めて来場された方もいたそうで、注目の高さが伺えます。

ヴィンテージの家具や古材に囲まれた落ち着いた店内には、常設作家の田原崇雄さん、坂倉善右衛門さん、坂倉正紘さんに加え、小野あやさん、竹村陽太郎さん、間島尚美さん達、計6人の酒器や豆皿などがセンス良く展示されています。

「和の食卓にも洋の食卓にも馴染む器づくりを心がけている。」という小野あやさん。深い濃紺のマット釉と金属質な鉄釉の掛け合わせによる、シックな色調が特徴的です。

色彩鮮やかな化粧土を用いた作品の竹村陽太郎さん。色のコントラストが強いポップな印象の器が多く、その中に誠実な手仕事と技術を感じられます。

磁土を用いてサッカーをテーマに制作されている間島尚美さん。ボール柄のお皿や、選手のシルエットを金彩で表したシリーズなどキャッチーなモチーフを扱いながらも、作家の個性もしっかりと感じられます。

三ノ瀬の若手作家の中でも、多彩な表現技法で、いつも私たちを驚かせてくれる坂倉善右衛門さん。新しい月煌彩のシリーズは、重厚かつ艶やかな景色が魅力的です。

今年はフランスのエッフェル塔やリヨン市庁舎での展示や講演など、多忙を極めた田原崇雄さん。 茶陶としての深川萩焼だけでなく、少年のような遊び心を持った自由な作風で人気です。

今回の「てのひらの景色’18」展のキュレーションを担当した坂倉正紘さん。どこか自然の息づかいを思わせる景色を持つ器は、豊かな表情で見るものを魅了します。

音信川のせせらぎのような穏やかな空間で、じっくりと楽しむ「てのひらの景色’18」展。気になる器を手にとって見れば様々な景色が浮かんでくるようで、時間が経つのを忘れてしまいます。

会期は今月24日(祝)までの「てのひらの景色」展。年末の贈り物にも最適な、素敵な作品がたくさん並んでいますので、ぜひ足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

期間限定「ちょい呑みセット」ご提供のお知らせ

cafe&pottery音では「てのひらの景色’18」の会期中、出展作家のぐい呑みで日本酒を楽しめる「ちょい呑みセット」を提供しています。こだわりの日本酒と地元産のおつまみで、じっくりと器の魅力を感じる贅沢な企画。この機会に是非お試しになってはいかがでしょうか?

「手のひらの景色’18限定 ちょい呑みセット」

一人前 300円(税込)
日本酒(大嶺酒造 純米酒 約40ml)
おつまみ(松浦商店「金太郎オイル漬」または青海島共和国「国王の塩辛」)
※店内に別途用意された出展作家のぐい呑みから、好きなものをお選びいただきます。

てのひらの景色 ’18
出品作家
小野あや
竹村陽太郎
間島尚美
田原崇雄
坂倉正紘
坂倉善右衛門
(順不同・敬称略)
※作家名をクリックで各作家のHPやfacebookに移動します。

会期:2018年12月8日(土)〜24日(祝)
会場:cafe&pottery音 山口県長門市深川湯本1261-12
営業時間:11:00〜17:30(イベント時は変更あり)
定休日:毎週火・水曜日(イベント時は変更あり)
電話番号: 0837-25-4004
FBページ:https://www.facebook.com/otocafe.yumoto/