〜気軽にチョット、まちづくり〜

長門湯本みらいプロジェクトでは、地域の皆さんや市内外の興味がある方が、空いている時間に気軽にまちづくりに参加できる「ちょいサポ隊」の仕組みづくりを進めています。

今回は、9月15〜17日に開催される「おとずれリバーフェスタ2018」に向けて、自分のできる範囲でお手伝いしてくださる方々を広く募集します。リバーフェスタに興味がある!まちづくりが気になる!温泉街が好き!と思っている方なら、1日だけでも、どなたでも参加できますので、ぜひお気軽にご参加ください!

〜ちょいサポの特徴〜

「ちょいサポ」は、空いている時間に気軽に参加してもらうのが基本。1日最短2時間から参加が可能です!事前のお申し込み時に、参加できる日時を伝えてもられば、スケジュールに合ったサポート活動をご案内します。もちろん、参加者に年齢制限はありませんので、親子や友達同士、学生さんからおばあちゃんまで、幅広くご参加いただけます!

※ちょポイントの獲得は3時間からになります。

「ちょいサポ」では、参加する方の得意な事や興味のある分野をなるべく生かし、楽しく活動してもらえるように、サポート活動を大きく3つのジャンルに分けています。お申し込みの時に、お好みのチームをお伝えください。(当日の活動内容によっては、ご希望に添えないこともあります。)

サポートしてくれた方の頑張りを可視化する仕組みとしてポイント制を活用。3時間を1単位として、ジャンルに応じて「ちょポイント」が貯まります。リバーフェスタの終了後も様々な活動やイベントが予定されていますので、空いている時間を活用して、「ちょポイント」を獲得してください。(貯まったポイントは、来年11月にオープンする新しい恩湯での入浴券など、様々な使い道を検討中です。)

〜好みに合わせて3つのジャンル〜

表に立って目立たないけど、まちづくりやイベントで大切な部分を支えるのが「縁の下の力持ち派」!イベントが始まる前のエリアの清掃や後片付け、会場での案内やアンケートの収集など、訪れる人たちが気持ちよく過ごせるように、大事な役割を担っています。お掃除が好きな人、人と話すのが好きな人など、大集合!

イベント会場の設営準備や出店者さんの搬入出のお手伝いなどに、頼れるチームが「ガテン汗かき派」!ベンチや椅子を運んだり、テントの組み立てを手伝ったりと、筋肉が大活躍です。力自慢のお父さんから、スポーツ大好きの学生さんまで、一緒に汗をかきましょう!

出店者さんのおしゃれなメニュー書きから、店舗の飾り付け手伝い。カメラを持ってイベントの情報発信まで、リバーフェスタの魅力を発信するのが「おもしろさ伝える派」。絵や字を書くのが上手な人や、写真やSNSが得意な人まで、クリエイティブに興味のある人、ここに集合!

※ご希望のジャンルや日時は可能な限り沿うように調整しますが、活動の状況によっては、他のジャンルの作業をお願いする場合もあります。予め御了承ください。

〜ちょポイントについて〜

参加者の頑張りを見える化して、楽しくちょいサポしてもらうための「ちょポイント」。貯まった「ちょポイント」は長門湯本固有のサービスに交換できるように、現在検討中です。(2019年11月開始予定)

ジャンル 申し込み 活動3時間毎
縁の下の力持ち派 2ポイント 3ポイント
ガテン汗かき派 2ポイント 5ポイント
おもしろさ伝える派 2ポイント 3ポイント

※申し込みポイントは初回のみ対象です。
※ポイントの有効期限は、最後の参加から3年以内となります。
※ポイントは譲渡可能ですので、プレゼントとしてもご活用ください。

そして・・・今回のちょいサポ隊限定!

みんなで協力しあった後は、何かごほうびが欲しいもの!そこで、リバーフェスタの最終日・片付けの終了時に、ちょいサポ隊+出店者+地域の人達+まちづくりのプロフェッショナルが集まって、楽しい「打ち上げ&交流会」を開催します!

会場には、リバーフェスタの運営を担う長門湯本まちづくり協議会の皆さんのほか、長門湯本観光まちづくりデザイン会議の専門家メンバーなど、キーパーソンが多数参加。音信川の川沿いで、美味しいビールを片手に、長門湯本のまちづくりの現在や未来について、ワイワイと語り明かしましょう!

※交流会の参加は任意です。ご希望の方は、申し込みフォームにて事前にお知らせ下さい。
※会場には簡単な食事やノンアルコールのドリンクもご用意しております。(会費制)

「ちょいサポ」の提唱者、長門湯守株式会社の共同代表の大谷さん。地域への熱い想いで、皆を牽引します。

長門湯本観光まちづくり計画デザイン会議のメンバー。東京や大阪から毎月駆けつけるまちづくりのプロフェッショナル達です。

おとずれリバーフェスタのコーディネーター今村さん。山口から福岡、島根まで素敵な出店者を集めてくれました。

リバーフェスタの出店者のみなさん。魅力的な商品やサービスのこだわりをじっくりと楽しく話しましょう。

次世代の取り組みをしっかり支えてくれる長門湯本まちづくり協議会の荒川会長。みんなが慕うリーダーです。

デザイン会議の木村大吾さんと山口大学リノベ部のメンバー。みんなで地元商店のリノベーションを手助けしてくれました!

9/17に開催されるながトークのゲストスピーカーおきなさまひとさん。地元・久留米市で人と人をコトで繋いでいく仕掛け人です。

当日は、地元の自治会の皆さんや全国の学生さんたちも参加予定!おじいちゃんから学生までみんなで楽しみましょう!

※お友達同士やグループでの参加の場合も、必ず個別にお申し込みください。
※ご希望のジャンルや日時は可能な限り沿うように調整しますが、内容によっては他の作業や日時をご提案する場合もあります。御了承ください。

※2日以上参加可能で、日によって参加可能時間が異なる方は、備考欄にご記入ください。

交通費:活動場所の長門湯本温泉までの交通費は自己負担となります。長門湯本温泉までのアクセスは下記のマップをご覧ください。

食事:食事、飲み物は各自にてご用意ください。(温泉街には商店、飲食店があります。イベント時にはフード屋台の出店があります。)

宿泊:2日以上続けてちょいサポ隊に参加できる方には、宿泊場所をご用意できる場合があります。事前にお問い合わせください。

保険:ちょいサポ隊参加者はイベント保険に加入しています。活動中に怪我をしてしまった場合は、治療費の自己負担分をお支払いします。

集合場所は、各活動内容によって異なります。お申し込み後に届く詳細メールにてご確認ください。