長門湯本report:新しい恩湯の施設整備・運営事業者「長門湯守」の第一回住民説明会が開催されました!

2018年4月15日、長門湯本温泉にて、公衆浴場「恩湯」の施設整備・運営をする「長門湯守株式会社」の第一回住民説明会が行われました。

会場は、日曜日の夕方にも関わらず、ご多忙の中、約30名の住民の方々が参加してくださいました。住民の方の関心の高さが感じられます。

第一部:恩湯・飲食 事業内容 進捗説明

まず、長門湯守株式会社のメンバーの紹介が行われました。代表取締役は、お二人の共同代表 伊藤就一さん、大谷和宏さん。役員には、皆さん、ご存知の市内焼き鳥や「ちくぜん」を経営されている株式会社Homeyの青村雅子さん、市内デザイン会社ファンタスの白石慎一さんの計4名で構成され、それぞれ住民の方に挨拶をされました。

続いて、恩湯、飲食物販施設の設計をされる香川県の設計事務所岡昇平、田村設計室の紹介がありました。岡さんらは、「仏生山温泉」の設計・運営で知られており、仏生山温泉は、おしゃれな温泉スポットとして、今、人気を集めています。

説明会は、共同代表伊藤さんの進行にて始まり、まずは、大谷さんから今回の事業コンセプト、湯本への想い、恩湯への想いが語られ、実行する決意が述べられました。

次に、設計の岡さんから、湯本温泉の「恩湯」「礼湯」の名前の歴史性や、岩盤から湧き出る神聖な温泉の特徴、他にはない価値ある温泉など説明があり、地元の方も真剣に聞き入っていました。

プロジェクターに映し出された図面を、詳細かつ分かりやすく説明する岡さん。長年地元に愛されてきた恩湯への配慮が感じられました。

第二部:住民ワークショップ

続いては、皆さんとグループになってのワークショップが始まりました。各テーブルが5〜6人のグループに分かれ、それぞれのテーブルには長門湯守、設計者のメンバーも参加しました。

このワークショップは、今回の事業への質問、要望を意見交換し、集約、発表という流れで行われました。

始まると同時に会場は、とても賑やかになりました。質疑応答形式ではないためか、これから変わっていく地域への期待・不安など、率直な意見が上がっている様です。

和やかな雰囲気の中、グループ発表に入りました。様々な質問や要望がありますが、恩湯では、料金や営業時間など、継続して利用したいという思いが、伝わってきます。また、飲食では、美味しい料理に美味しいお酒が飲みたいと、期待の声が聞かれました。

また、地元の方ならではの地域の課題、気付き等も述べられました。長門湯守も地元主体の事業者とあって、それぞれの提案を身近に感じているようでした。

最後に大谷さんから、重要なコンセプトのひとつである「ちょい飲み、ちょいバイト」の説明が行われました。聞きなれないコンセプトですが、いわば「ちょっとした思いやり」「ちょっとした手伝い」「ちょっとした特技」を、町で融通しあって、住みやすくしよう、という仕組みづくり。

まだまだ検討段階ですが、今後は、住民の方から具体的に色々な情報をお聞きするため、個別のヒアリングも提案したいと話されていました。

合計2時間にも及ぶ住民説明会は、地元の皆さんの「まちの温泉を支えていきたい」という気持ちが随所に感じられる温かいものとなりました。

また、長門湯守のみなさんからも、「今回の事業を通じて、地域の皆さんと湯本らしいまちづくりを目指して進めていきたい」との決意が感じられました。参加された皆さま、本当にお疲れ様でした!

長門湯本みらいプロジェクト:参加者募集
長門湯本みらいプロジェクト:手伝う

長門湯本みらいプロジェクトでは、現在「まちづくりの情報発信」に関わる仲間を広く募集しています。リバーフェスタや社会実験などの情報発信から長門湯本の日々の魅力を伝えるレポートまで、「文章を書くのが好きな人」、「写真を撮るのが好きな人」、「デザインづくりが好きな人」など、我こそはと思う方は、是非お気軽にお問合せください。