長門湯本みらいプロジェクト

長門湯本みらいプロジェクトとは?

各種イベントやワークショップの開催予定

おすすめスポットやインタビューをご紹介

長門って?湯本って? 地図を見ながらご説明

まちづくりに興味のある方大募集!

ご質問やご連絡は こちらから

長門湯本NEWS:メディア掲載:Discover Japan にて恩湯の集中連載がスタート

Discover Japan ウェブサイトより引用
日本の「モノ」、「コト」、「場所」、「人」の魅力を再発見する雑誌ディスカバー・ジャパンのホームページにて、長門湯本温泉「恩湯(おんとう)」についての特集が開始されました。

ディスカバー・ジャパンとタッグを組んで山口・長門の魅力を見つめ直すプロジェクトの第1弾として着目されたのは、温泉街再生のシンボルである立ち寄り湯。

連載第1回目の「魅力編」では、600年をさかのぼり大内家〜毛利家と引き継がれた伝説や史実に裏打ちされた恩湯の稀有な魅力を、大寧寺・岩田啓靖御住職とともに深く掘り下げています。

続く第2回目は「建築」編。建物と自然の調和により、ひとつながりの空間を作り上げた岡昇平氏(設計事務所岡昇平共同代表)に、建築を通じて体現したものをじっくりと伺っています。

第3回目は「楽しみ方」編。リニューアル後の恩湯の共同代表で、幼い頃から恩湯に慣れ親しんできた伊藤就一氏(玉仙閣)、大谷和弘氏(大谷山荘)のお二人が、子どもの頃の思い出から、民間としてお湯を守る決意、おすすめの楽しみ方をじっくりと語っています。
最終回となる第4回は「巡り方」編。オソト天国をコンセプトに作成されたマップを片手に、音信川沿いに広がるテラス空間や、街を照らすライトアップ、萩焼のギャラリーカフェや焼き鳥店など、そぞろ歩きのお勧めスポットを紹介しています。

以上、全4回にわたって紹介していただいた恩湯を中心とした長門湯本温泉の魅力。訪れる前にお読みいただければ、より一層、長門湯本の楽しみ方が広がることと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。