長門湯本report:温泉街にも小さな春が咲き始めています。

長くとても寒かった冬が終わり、ここ長門湯本温泉街にも、そっと春がやってきました。

冬の透きとおった、少し寂しげな川の流れも美しいけれど、ある晴れた春の日。青空が映り込んだ音信川のきらめきは生命力に満ち溢れ、まるで呼応するように、木々や草花たちが芽吹き始めています。

川辺にいくつも、かわいらしく顔をだすつくしたち。少しずつ開き始めた桜のつぼみは、ここ数日の暖かさで瞬く間に、温泉街をやさしいピンク色に染めました。

新芽が風になびいて光る、木々たち、満開の雪柳。ゆっくりと音信川沿いを歩くと、いくつもの春が、みつけてほしそうに揺れています。

住吉神社へと上ってみると、まちの変化を見守るお地蔵様とそのすぐそばには椿のつぼみ。季節の移り変わりを楽しみ、同時に進んでいるまちの整備も気にかけて、安全を願ってくれているようです。

まちの整備は、順調に進んでいます。晴れた青空の下では、カラフルな重機たちもやる気いっぱいにみえます。

川辺へと降りることができる新しい雁木広場はほぼ形になり、この後さらに飛び石が設置され、川に親しめる空間が広がります。

星野リゾートの建設予定地では、川沿いの道が拡張されるとあって、大きな石の塀が取り除かれていく様は大迫力です。

工事期間中はみなさまにご迷惑をおかけしますが、変わりゆくまちをぜひ楽しんでください。この機会に音信川から少し歩き、散策の足を延ばしてみるのもおすすめです。

住吉神社からさらに路地を進むと、懐かし花、かわいらしい花にたくさん出会います。ふきのとう、キイチゴの花、ヒメオドリコソウ、スノードロップ・・・

大寧寺では、広々とした境内に降りそそぐ木漏れ日を抜けると、咲き乱れる桜並木が迎えてくれます。

窯元のある三ノ瀬まで歩けば、山あいを静かに流れる川や生い茂る苔にも趣があり、思わず足を止め、息を深く吸い込んで、癒されてしまうのです。

気持ちのよい季節です。長門湯本温泉街に溢れる春を探しに、ぜひお出かけください。

長門湯本みらいプロジェクト:参加者募集
長門湯本みらいプロジェクト:手伝う

長門湯本みらいプロジェクトでは、現在「まちづくりの情報発信」に関わる仲間を広く募集しています。リバーフェスタや社会実験などの情報発信から長門湯本の日々の魅力を伝えるレポートまで、「文章を書くのが好きな人」、「写真を撮るのが好きな人」、「デザインづくりが好きな人」など、我こそはと思う方は、是非お気軽にお問合せください。