report:おとずれリバーフェスタpart2 & 社会実験レポート vol.03「音信川の魅力編」

600年の歴史をもつ長門湯本温泉。まちの中心を流れる音信川(おとずれがわ)は、普段静かに、穏やかに流れています。

稀少な自然護岸によって生物や植物の育成環境は保たれ、透きとおった川には何種類もの魚やカニが生息し、6月頃には蛍の姿を見ることもできます。

おとずれリバーフェスタ開催中は、台風や大雨の影響で水かさが増し、流れも激しかった音信川。いつもと少し様子は違うものの、多くの人たちで賑わうことで、いつにも増してキラキラと輝いていました。

レポートvol.3では、そんな音信川の魅力からお伝えしていきたいと思います!

川に架かる大きな、いくつもの橋。そして川沿いに続く遊歩道と遊歩道を結ぶ、小さな橋。ひとつひとつの橋を渡りながら遊歩道を進めば、気持ちの良い、充実した散歩になります。

ところどころ川岸には大きな石が積み重なっていて、子供たちにとってはアスレチックさながら。少しスリルを味わいながら、川を覗き込んでみたり、石から石へジャンプしてみたり。夏にはもちろん、川での水遊びを楽しむことができます。

大人だって、お気に入りの場所をみつけたら、腰をかけて。川床もいいけれど、石の上で直に川を感じながら、ちょっと不安定を楽しみながら食べるのがまたいいのです。

綺麗な川は、動物たちも大好き。少し離れた場所では、大きな鷺が佇む光景も。

音信川には、河川公園や遊歩道に足湯もあり、川の流れや温泉街の町並みを眺めながら、ゆったり身体を温めることができます。イベント期間中、大人気スポットでした!

 

今回のイベントでは、これまでお伝えしてきたほかにも、この音信川を中心とした温泉街にある空間が新しい形で活用され、まちの雰囲気をがらりと変えてくれました。3つご紹介します!

まずは、以前は旅館があった空き地に出現した、ボルダリング体験!下関よりボルダリング専用ジム「Bouldering gym UNITY」さんが巨大なボードを運んできてくださり、実現しました。遠くからも目をひく迫力!頭と身体を使いながら、決まったルートを攻略して上まで登るボルダリングは、簡単そうで難しい!それでも小さなお子さんも、支えてもらいながら進み、ボルダリング体験を楽しんでいました。

遊歩道の一角にある、洗濯場跡地の前は、イベント時に素敵な音を奏でる場所として定着し始めています。9月に引き続き10月のリバーフェスタでも、演奏者として錚々たる経歴をお持ちの藤沢由一さんによるハンマーダルシマーの演奏が、訪れた方々を幻想的な音楽の世界へといざないました。しっとりと響き渡るハンマーダルシマーの独特の音色は、ライトアップされた町並みに一層の趣を与えてくれます。

最後は、河川公園へ渡る橋として普段は静かに佇んでいる「せせらぎはし」の上で開かれた、小野田市にある地中海料理のお店「La Tierra」さんによる、一夜限りの“橋の上のレストラン”。

「この土地だから、できる料理」をモットーにされている店主の、地元素材を生かしたお野菜、お魚、お肉といった本格的なコース料理をいただくことができ、盛り付けの美しさ、お料理の美味しさには溜息がでるばかり。外で作り提供する、というスタッフの方々の想像を超える努力によって、橋の上が特別な空間になり、そこにあったのはまさに至福のひと時でした。

私たちがイメージする未来の温泉街-ここに遊びにくる人、住む人、働く人が、楽しく豊かな時を過ごせるような温泉街-の実現には、こうした沢山の方々の協力が欠かせません。協力を得て、まちが本来持っている魅力を引き出していくこと、それを多くの方に体感していただくことが、実現への一歩へと繋がっていきます。

次回のvol.4では温泉街と言えば食べ歩き、そぞろ歩き!ということで、フードコートエリアにご参加くださったみなさま、地元商店のみなさまをご紹介します!

長門湯本みらいプロジェクト:参加者募集
長門湯本みらいプロジェクト:手伝う

長門湯本みらいプロジェクトでは、現在「まちづくりの情報発信」に関わる仲間を広く募集しています。リバーフェスタや社会実験などの情報発信から長門湯本の日々の魅力を伝えるレポートまで、「文章を書くのが好きな人」、「写真を撮るのが好きな人」、「デザインづくりが好きな人」など、我こそはと思う方は、是非お気軽にお問合せください。