河川活用

report:「未来に向けた社会実験」川床・置き座の設置が進んでいます。

長門湯本温泉:川床

 2017年9月16日から実施される長門湯本温泉の観光まちづくり計画に伴う「未来に向けた社会実験」の一環として、音信川(おとずれがわ)の川沿いに川床・置き座の設置が進められています。

長門湯本温泉:川床

 今回の設置場所は、大谷山荘前、玉仙閣前、旧恩湯前、cafe&pottery音前の合計4箇所。それぞれ鉄骨の土台が設置されました。

長門湯本温泉:川床

今後、9月上旬には完成し、9月16日からの社会実験では、音信川の魅力を存分に堪能できる場所として、各施設での活用が予定されています。

長門湯本温泉:社会実験

未来に向けた社会実験(河川空間の活用)

長門湯本みらいプロジェクト社会実験

リバーフェスタと並行して、温泉街では常設化に向けて3つの社会実験を行っています。①川を楽しむ川床や置き座(テラス)の設置実験、②湯本提灯や橋などのライトアップで夜を楽しむ照明実験、③道路の一部をブースや休憩スペースに活用する空間再編実験。これらも是非体験してみてください!

長門湯本温泉アクセス

設置場所・期間

設置場所:
大谷山荘
恩湯跡地前
cafe&pottery音前
玉仙閣前

期間:
平成29年 9月16日〜10月9日